無料ブログはココログ

« 復興予算の横流しを許してはダメだ | トップページ | 原発を動かしても、電気代は1.7倍以上値上がりする »

2012年10月13日 (土)

白い防護服で稲刈りをする人たち

10月10日のブログで、原発被災地域の野菜の産地偽装のことを書きました。

福島県産の農作物の風評被害は、本当に気が重い問題です。それが単に、根も葉もない“風評被害”なのか、それとも、放射能の入ったものをできるだけ食べないという自己防衛なのか。もうそれは、消費者個人の判断に任せるしかないと思います。

それは福島県だけの問題ではありません。新聞やテレビでは北関東とボカして報道されていますが、栃木、群馬、茨木、千葉なども、問題を抱えています。それに外国では、県によっては輸入制限をしているところもずいぶんあります。ボクが住んでいる埼玉県の農産物も、ある国には輸出できません。

制限地域の一覧です。今年8月末の段階でのデータです。
http://kingo999.web.fc2.com/PDF/Ban_on_import.pdf

これについては誤解している国もあるのかもしれませんが、国によっては厳重に注意しているところもあるんです。

2、3日前の新聞に、福島第一原発から6キロの場所で稲刈りをしている写真が載りました。稲刈りと言えば、農家が1年のうちで一番笑顔になる瞬間です。

でも、その笑顔は見えません。

なぜなら、稲を刈っている人はみな、白い防護服を着て顔にマスクをしているからです。

その畑は、セシウムが稲にどれだけ吸収されるかを調べる実験田なのだそうです。ボクは防護服を着て稲刈りをする姿が、とても悲しく感じます。

ウッディアレンの映画だったか、フィリップKディックの小説だったか、こんなセリフがあります。「私は神様を信じていないけど、もし神様がいないと知ったら、きっと悲しいだろう」

その言葉をボクはこんなふうに置き替えます。

「ボクは福島の食材は買わないけれど、買えないことが悲しい」

すべての人が防護服なしに稲刈りをできる日は、まだしばらくは来ないです。




« 復興予算の横流しを許してはダメだ | トップページ | 原発を動かしても、電気代は1.7倍以上値上がりする »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499512/47433327

この記事へのトラックバック一覧です: 白い防護服で稲刈りをする人たち:

« 復興予算の横流しを許してはダメだ | トップページ | 原発を動かしても、電気代は1.7倍以上値上がりする »