無料ブログはココログ

« ニコニコしていれば放射線に勝てる? | トップページ | 『原発サギ』  このウソにだまされるな »

2012年11月27日 (火)

原発事故の責任は、誰がとるのか

関西電力と九州電力も、電気料金を値上げするそうです。

関西電力の八木誠社長は、「原発が止まっているから値上げしたい」と言うのですが、結局のところ危険な原発に頼るから、そういうことになるんです。あなたの失敗で、市民は高い電気量を払う。

八木社長はことあるごとに原発を動かしたいと言います。活断層があるかもしれない、危険な原発も動かしたい。もし大事故が起こったら、日本は壊滅します。それでも原発を動かしたい。

なぜでしょう?

たとえば福島で事故を起こした東京電力は、賠償金や除染費用の金額が大きすぎて支払うことができません。

だから多額の税金が使われます。その税金は、ボクらの払ったお金です。

そのうえ東電は、賠償を先延ばしにして、金額もケチり、被災者たちを今も苦しめています。

そのことで東電の経営者たちは、まだ誰も責任をとっていません。

逆に、事故当時の経営者たちは、みんなグループ会社に天下りしています。

こういう実例があるから、関西電力の八木さんは、事故が起こっても責任をとらなくてもいいと判っているんですね。

だから無責任なことに、原発を動かして電力会社が得をすれば、それでいいと思っているんです。

原発事故が起こっても、責任を取らない。そんな無責任な社会のままにしておいてはいけません。




« ニコニコしていれば放射線に勝てる? | トップページ | 『原発サギ』  このウソにだまされるな »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499512/47999147

この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故の責任は、誰がとるのか:

« ニコニコしていれば放射線に勝てる? | トップページ | 『原発サギ』  このウソにだまされるな »