無料ブログはココログ

« 放射線量を低く計っていた | トップページ | 放射線量をごまかす方法 »

2012年11月12日 (月)

危険の存在は隠されていた

日本で唯一稼働している大飯原発の活断層のこのごろニュースになっています。

でもヘンだと思いませんか?

活断層は何十万年も前からある断層のことです。それがなぜ今になって見つかるのか。

今回の活断層の調査に加わっている東洋大学教授の渡辺満久さんが言っています。

「今活断層が話題になる一番の理由は、見つかっても断層と認めなかったり、理屈をつけて大丈夫だと言っていたから」(朝日新聞11月9日夕刊)

過去の会議の報告を見ると、そうやって断層の存在を認めないというやり方を、首尾一貫してとり続けてきたのだそうです。

そうやって、大事故につながる可能性をボクらの目から隠し続けてきたのが、今、原発を再稼働したいと騒ぎたてている関西電力さんや、安全保安院などといった政府機関なんですね。その他の電力会社も、多かれ少なかれそうやって断層を隠してきたんです。

原発を出来る限り安全に作ることは、可能かもしれません。でも、そうしようとしなかったのが、電力会社やそこから利益を得ていた人たちです。

関西電力は、今も、大飯原発の活断層を認めていません。




« 放射線量を低く計っていた | トップページ | 放射線量をごまかす方法 »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499512/47809963

この記事へのトラックバック一覧です: 危険の存在は隠されていた:

« 放射線量を低く計っていた | トップページ | 放射線量をごまかす方法 »