無料ブログはココログ

« 子供より牛肉を優先する放射線検査 | トップページ | 放射線量を低く計っていた »

2012年11月 8日 (木)

福島に人権はあるのか?

数日前、新聞に小さな記事が出ました。国連人権理事会が、福島に住む人たちの健康の権利を擁護するよう、勧告したのだそうです。

本当に小さな記事で見過ごしてしまいそうなうえ、文章も短く詳しい内容が判読できないのですが、まとめると以下のような内容です。つまり

福島県に住む人は、健康が守られていない。健康に生活するという人権が無視されている。

3週間ほど前も、国際赤十字が放射線による強制移住は「人道危機」にあり、政府は放射線の危険を過小評価し、情報が不透明、という報告をしています。

国連と赤十字が、福島県民の健康を懸念しているばかりか、政府ぐるみで隠そうとする実態があることを察しはじめているようです。

原発事故が起こり住民が被爆しても、日本では人権が守られない。今、福島ではそんな実態があるんです。

原発災害とは、そういうものです。人権すら守られません。そのことに目をつぶって、安易に原発に賛成すべきではありません。



« 子供より牛肉を優先する放射線検査 | トップページ | 放射線量を低く計っていた »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499512/47763752

この記事へのトラックバック一覧です: 福島に人権はあるのか?:

« 子供より牛肉を優先する放射線検査 | トップページ | 放射線量を低く計っていた »