無料ブログはココログ

« 作業員を殺す「被爆隠し」と「偽装請け負い」 | トップページ | 熱狂する演説にはだまされるな »

2012年12月11日 (火)

世界最高水準の危険性

福井県にある敦賀原発が廃炉になるそうです。直下にある地層が、活断層である公算が高いとの調査結果が出たんです。

と言うよりも、活断層だとほぼ断定されました。

もちろん関西電力も、いままで断層調査をしてきました。4年前から、活断層だと指摘する学者さんの意見もありました。でも関西電力は「当然ですが」断層とは認めません。

昨夜のニュースに出ていた学者さんは、こんなことを言っていました。

「断層があっても、断層じゃないという証拠を集めるのが電力会社の調査」

馬鹿げたはなしです。

今週末は選挙です。原発の問題も取り上げられています。

「世界最高水準の安全」が確保されれば、原発を動かす、などと言う甘い政党もあります。

でも、酷いごまかしをやってきた電力会社が言う「安全性」など、マヤカシであることは敦賀原発を見ても判ります。

「世界最高水準の安全」なんて、目指していないのが電力会社のホンネです。日本の原発に「安全性」を期待するほうが無理なんです。

どんなに立派な政策を持つ政党も、原発を存続させようとするところにはボクは投票しません。そんな政党が、日本の安全を守れるわけがないんです。

目を覚ましましょう。

日本の原発は、「世界最高水準の危険性」をもているんです。




« 作業員を殺す「被爆隠し」と「偽装請け負い」 | トップページ | 熱狂する演説にはだまされるな »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499512/48281569

この記事へのトラックバック一覧です: 世界最高水準の危険性:

« 作業員を殺す「被爆隠し」と「偽装請け負い」 | トップページ | 熱狂する演説にはだまされるな »