無料ブログはココログ

« 国の安全基準ではガンになる | トップページ | 矢沢永吉の言葉 »

2012年12月28日 (金)

先週の震源地は伊方原発の1.5キロ沖

先週の土曜日3時すぎに、四国で地震がありました。

ボクは埼玉に住んでいるので揺れは感じませんでしたが、ヤフーのトップページで「地震発生」のニュースを知ったんです。

311以来、関東に地震が多いせいか、すぐにヤフー天気予報をみて、緯度と経度をチェックくするクセがついているんです。

これが、その場所と震度です。

15時15分ごろ 北緯33.5度、東経132.3度 マグニチュード4.4 震度3

15時17分ごろ 北緯33.5度、東経132.3度 マグニチュード3.3 震度1

地図に緯度と経度を入力すると、愛媛県にある半島の沖あいでした。でも、地図を見たらひと目でどこか判りました。

伊方原発のすぐ近くです。

しかも、原発からたった1.5キロほどの場所でした。ゾッとしましたよ。

調べてみると、以前から伊方原発は沖合にある巨大な活断層が問題になっているのだそうです。

奈良県から九州ちかくまで続く360キロの巨大断層があるんです。原発の8キロ沖合に続いているそうです。でも電力会社は、360キロうちのわずか54キロだけを切り取って、小さい断層から安全と言い張っているそうです。

なぜ360キロのうちの54キロだけなのでしょう。四国新聞の記事によると「根拠が判らない」のだそうです。

根拠が判らない安全が、四国にもまかり通っているんですね。

そう言えば、青森県の東通原発の活断層でも、電力会社は、地層が湿って膨れた「膨潤」という現象が起こってズレただけと説明していますが、学者さんは「世界の地震学会に膨潤などという定義はない」と言っていました。

これも根拠のない安全のひとつです。

電力会社の安全は、どれもこれも怪しいものばかり。

伊方原発、怖いですね。

ボクが読んだ四国新聞の記事は、下のサイトで読むことができます。
http://www.shikoku-np.co.jp/feature/tuiseki/555/

ボクが利用している緯度と経度で場所を調べるやりかたは、ヤフーの天気予報の地震情報で緯度経度を調べ、その数字を下のサイトに入力して地図に表示しています。地震のたびに調べると、どこに地震が集中しているかが判るので役立つと思います。
http://earthjp.net/maps/




« 国の安全基準ではガンになる | トップページ | 矢沢永吉の言葉 »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499512/48497764

この記事へのトラックバック一覧です: 先週の震源地は伊方原発の1.5キロ沖:

« 国の安全基準ではガンになる | トップページ | 矢沢永吉の言葉 »