無料ブログはココログ

« 矢沢永吉の言葉 | トップページ | 福島県から避難してきた49歳男性 »

2013年1月24日 (木)

柏崎原発   住民投票の否決は民主主義の死だ

昨日は新潟県にある柏崎原発の再稼働反対を求める住民投票で、6万人以上の署名があつまりましたが、議会で否決されました。

原発に反対する住民投票は、東京、大阪、静岡県の浜岡原発でもありましたが、ぜんぶ議会で否決され続けています。

東京では議会で否決されるとき、当時都知事だった石原さんが市民に向かって立てた親指を下に向け「死ね」というジェスチャーをしました。

大阪では、橋本市長が「住民投票をしなくてもボクが反対します」と言って、夏までは再稼働を反対していましたが、去年末の選挙では石原さんと組み、原発賛成に鞍替えしました。裏切りです。

柏崎も浜岡も、議員さんたちは原発賛成派、原発マネーが欲しい派、電力会社に選挙を助けてもらっている派の人たちばかりなので、もちろん住民投票があれば大反対します。

安全よりもお金です。もし放射能がまき散らされても、市民には浴びせっぱなしにしておけばいいんです。病気になっても、それを証明できません。それが今の福島や栃木、茨城、群馬の現状です。

これが今の民主主義の姿です。住民投票の否決は、民主主義の死です。

そんなぐあいに、柏崎の住民投票が否決されてしまいました。それでもボクは日本のために、原発反対って書き続けるつもりです。

今朝、5時半すぎに公開された東京新聞の記事は、ちょうどこんな内容でした。

柏崎刈羽原発の直下に、新たに活断層らしいものが発見されたのだそうです。もし活断層なら、原発は廃炉です。

『東京新聞』
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013012301001938.html





« 矢沢永吉の言葉 | トップページ | 福島県から避難してきた49歳男性 »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499512/48920637

この記事へのトラックバック一覧です: 柏崎原発   住民投票の否決は民主主義の死だ:

« 矢沢永吉の言葉 | トップページ | 福島県から避難してきた49歳男性 »