無料ブログはココログ

« ヘンな安全……飛行機が原発に墜落 | トップページ | 危険があっても教えない。SPEEDIは使わない。 »

2013年3月 6日 (水)

死にに行け、と決死隊に命令した

2年前の福島原発の事故直後、決死隊が組織されたそうです。

原子炉内の気圧が高くなり、炉を爆発させてしまう危険性があったので、その圧力を抜く操作をするため、高い放射線の中に飛び込んで行く決死隊です。

つまり、死を覚悟させられた人たちです。

もちろん、普段からそんな職務の人はいません。思いもしなかった原発事故で、急遽組織されたんです。

命がけの仕事です。

実は以前にも日本で、原発事故の際に決死隊を組織されました。

99年9月に、茨城県の東海村にあったJOCが臨界事故を起こしたとき。これは、職員が裏マニュアルをつくって作業していたため臨界がおこり、職員3人が死亡した事故です。

もちろん連鎖反応を止めるには、そこへJOCの職員が行って作業をしなければいけません。最初は誰も行きたがらなかったそうです。

そのとき政府の代理人が来て「誰も行かないのなら強制作業命令をだします。そして結局はやらなければならないんです」と、脅したのだそうです。

そうやってJOCでは決死隊が組織され、連鎖反応を止めました。

自衛隊でも軍人でもない人に、死を強制するような命令です。それを一般人に行なう。酷いハナシです。

時には死にに行けと命令しなければならない。原発とはそういう物なんですね。

福島原発でもJOCでも、決死隊から死者はでませんでした。本当によかったです。

でも日本では、その命令が2回も発せられているんです。

もしそんな命令がどこかの国で繰り返し行なわれたら、ぼくら日本人は「あいつら馬鹿だ」「危険な国だ」って思うことでしょう。

そんな命令が出た日本は、世界的に見ると異常なんです。危険国家と言えるでしょう。

安全なんて、信じられますか? ボクこのまま原発が維持されれば、遠からず3回目が起きると思っています。だから原発に反対です。


興味のある人は『JOC臨界事故』でネット検索してみてください。



« ヘンな安全……飛行機が原発に墜落 | トップページ | 危険があっても教えない。SPEEDIは使わない。 »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499512/50536337

この記事へのトラックバック一覧です: 死にに行け、と決死隊に命令した:

« ヘンな安全……飛行機が原発に墜落 | トップページ | 危険があっても教えない。SPEEDIは使わない。 »