無料ブログはココログ

« 子供の心臓異常が増えている   今こそ絆が試される! | トップページ | 機関銃が原発を護る »

2013年5月10日 (金)

「世界最高水準の安全」て、実はものすごくレベルが低い

「世界最高水準の安全」を目指している日本の原発。

でも、それはウソです。

どちらかと言えば、世界の中でもヤバい水準でしかない。それが日本の原発です。

2年前の福島原発事故で、ヒーローになった東京消防庁のハイパーレスキュー隊を覚えていますか。強い放射線の中、命の危険をかえりみず、原発に水をかけた消防士たちです。

テレビや新聞でとりあげられ、盛り上がりましたよね。ボクも彼らは立派だと思います。尊敬します。

さて、ちょっとちがう角度から見て見ましょう。

なぜ、わざわざ東京からハイパーレスキュー隊が出動したかと言うと、原発にはしっかりとした消防隊がないからです。火事になったら、小さな消防車で水をかける程度です。

もちろん原発の作業員(主に電力会社の社員)は消火訓練がおこないます。でも、それは手順を覚える「ちょっとした訓練」にすぎません。彼らは、実際に消火作業をした経験のないドシロウトです。

まして、高い放射線の中で消火作業を行う訓練などしたことはないし、放射能の中で作業をする装備もありません。

もちろん原発周辺の消防署でさえ、放射能の中で消火作業をする訓練などしたことはありません。放射能から身を護る、ロクな備えもありません。

それでも原発に水をかけたら、ほんとヒーローって感じです。もちろん、消防隊は死ぬかもしれません。テレビがワーっと盛り上げて、国民栄誉賞が贈られるかもしれません。

つまり、装備も用意せず、訓練もせず、「命がけでやってくれ!」という命令がでる。

って言うのが、「世界最高水準の安全」の正体です。

ホント、レベルが低いんです。

今、原発の安全を高める努力が行われている。ということになっています。でも、現実はこんな程度です。



« 子供の心臓異常が増えている   今こそ絆が試される! | トップページ | 機関銃が原発を護る »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499512/51567456

この記事へのトラックバック一覧です: 「世界最高水準の安全」て、実はものすごくレベルが低い:

« 子供の心臓異常が増えている   今こそ絆が試される! | トップページ | 機関銃が原発を護る »