無料ブログはココログ

« 今も福島では、多くの人が東京電力に苦しめられている | トップページ | 原発にたかって、金を絞り取ろうとする人たち »

2013年5月23日 (木)

命の軽視   活断層を無視してきた電力会社

原発の安全性を審査する原子力規制委員会が、福井県にある敦賀原発2号機の下に「活断層」があると断定しました。

「活断層の上に原発を建ててはいけない」。これが世界のルールです。敦賀2号機は廃炉になるでしょう。

活断層があるせいで、廃炉になるのは世界で初めてだそうです。

敦賀原発を運営する日本原子力発電(日本原電)は、“偶然”活断層の上にに原発を建てたのではありません。

「そこに活断層らしきものがあると知っていて」建てたんです。

敦賀原発はもう何十年もまえから、活断層の危険性が主張されてきました。でも日本原電は、普段から寄付金を配っている学者たちを集めて、「これは活断層ではない」と主張させていたんです。

この廃炉により、日本原電は経営難に陥ると言われています。

当然です。安全という最優先課題を怠って、危険な原発を活断層の上に作り、地域住民はもとより日本全土を危険にさらしていた会社です。

いっぽう、関西電力も規制逃れに腐心しています。

関西電力(関電)が運営する、福井県の大飯原発3、4号機。原子力規制委員会が(規制委員)求めている、3連動地震の揺れの強さの検証を、関電が拒んでいるそうです。

規制委員は3連動地震の「可能性がある」と主張するのにたいし、関電は「可能性がない」と対立。疑いがあればしっかり検証し、安全を確認するのが筋。

ところが関電の八木誠社長(原発を推進する圧力団体、電気事業連合会の会長でもある)がそれを拒否しているんです。

誠という名前が恥ずかしくなる、不誠実きわまる人物であり、電力業界ナンバーワンの嘘つきだ。

電力業界と原発。そこには「危険」な原発を「嘘」で塗り固めて運転するという「危ない経営者」がはびこっている。

彼らは日本の原発を「世界最高水準の安全」施設と主張する。そんな施設の経営者は、世界「最低」水準の危険思想の持ち主です。

自分さえよければ、日本の危険もいとわない。人が死のうと、家を失おうと見て見ぬふり。人の命すら軽視する。それが電力会社の経営者たちです。

« 今も福島では、多くの人が東京電力に苦しめられている | トップページ | 原発にたかって、金を絞り取ろうとする人たち »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499512/51739262

この記事へのトラックバック一覧です: 命の軽視   活断層を無視してきた電力会社:

« 今も福島では、多くの人が東京電力に苦しめられている | トップページ | 原発にたかって、金を絞り取ろうとする人たち »