無料ブログはココログ

« 死の商人  日本の安全性は32カ国中23位 | トップページ | 殺してしまう数値   伊達市長の発言 »

2013年6月21日 (金)

原発事故で死んだ人たちを無視してはいけない!

4、5日前のニュースですが。

自民党の政調会長、高市早苗さんが講演会で「原発による死者はいない」と発言して、大問題になりました。

高市さんの言い分によると、「原発はコストのかからないエネルギー。原発事故の放射能による直接的な死者はいない。安全だから原発を推進しましょう」

もちろん放射能による直接的な死者はまだいません。

でも、自殺や避難生活による死者はたくさんいます。

福島県内の震災関連死は政府が認定しただけで1400人近くいるそうです。

原発事故に関連して自殺した人は93人!!!!!!

事故直後、避難途中または避難直後に亡くなった重病人や高齢者は60人ほど。

そして事故直後、無人になった地域に取り残されて餓死した人は3人。

上記の人数はボクが把握している人の数です。一部不正確だったり、増えたりした人がいるかもしれません。1400人の震災関連死は、原発関連以外の人も含まれています。

高市さんは、放射能の直接死がいないことをいいことに、原発を安全だ、などと言いました。間接的な原因で死んだ人など無視する。

これだけの人が亡くなられても、死者はゼロだと言ってのける高市さん。血も涙もありません。冷血です。

それが「安全な原発」の正体です。

福島県の震災関連死、1400人。
避難途中の死者、60人。
全国の原発関連の自殺者、93人。
餓死者、3人。

この人たちを無視してはいけない。



« 死の商人  日本の安全性は32カ国中23位 | トップページ | 殺してしまう数値   伊達市長の発言 »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499512/52121631

この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故で死んだ人たちを無視してはいけない!:

« 死の商人  日本の安全性は32カ国中23位 | トップページ | 殺してしまう数値   伊達市長の発言 »