無料ブログはココログ

« クタバレ東北! 死ネ、被災者! | トップページ | 東京湾のウナギ、基準値を超えるセシウム »

2013年6月13日 (木)

ガンの発生が70倍~150倍に増えている  それでも安全!

原発事故でガンの発生率70倍から150倍も増えているというお話です。

6月5日の新聞各紙に載った記事です。

福島県で行われた18歳以下の県民調査で、甲状腺ガンと確定した人が12人になりました。さらにガンの疑いのある人が15人いるそうです。

調査をおこなった福島県立医大は、チェルノブイリ事故によるがんの発見は、事故後4~5年以降だったので「放射線の影響は考えられない」と説明しました。

それに「これほど多くの甲状腺検査をしたことがないから、はっきりと判らない」と言うのが、その言い分。判らないから、安全っていうことみたいです。

ホントに?

甲状腺ガンはとても珍しい病気で、同じ福島県立医大教授の鈴木真一先生によると「100万人に1人」だそうです。

今回の福島県の検査は17万人。そこで12人確定、疑い15人ということは、「17万人に15人」もしくは「17万人に27人」という異常な数字になります。

単純に考えたら、71倍~158倍という恐ろしく高い数字です。

でも福島県は「チェルノブイリでガンが増えたのは事故から4、5年後」と言いう根拠で否定しています。

ところが5月23日に発表された国連の人権委員の報告書によると、

当時のソビエト政府はチェルノブイリ事故から4年後までデータを公表しなかったため、「4年後から増えた」のではなく、「4年間のデータがなかった」だけと指摘しています。

ってことは、ボクらが信じ込まされていた「4年後から」っていうのはデタラメってことになります。

そのうえ、今回福島県の中間報告では、まだ線量の高い地域の結果が含まれていません。当然、残りの結果が出ればガン患者は増えるでしょう。

と、専門家でもないボクだって、ちょっと計算すれば判ることです。

でも、原発に対して厳しい見方をする朝日新聞や東京新聞でさえ、「放射線の影響は考えられない」という福島県の発表を、うのみにして書いています。

国民のみなさん、安心ですよ! ガンの発生率は、たったの70倍です。チェルノブイリは4年後です♪

本当にこれで大丈夫なの?

子供たちを、本当に守る気があるのなら、これを「大丈夫」とは言わないでしょ。




« クタバレ東北! 死ネ、被災者! | トップページ | 東京湾のウナギ、基準値を超えるセシウム »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499512/52018883

この記事へのトラックバック一覧です: ガンの発生が70倍~150倍に増えている  それでも安全!:

« クタバレ東北! 死ネ、被災者! | トップページ | 東京湾のウナギ、基準値を超えるセシウム »