無料ブログはココログ

« 東京湾のウナギ、基準値を超えるセシウム | トップページ | 再除染は認めない  被曝したままでいいのか? »

2013年6月15日 (土)

またウソがはじまった 主導しているのは政府

原発のウソ政策がどんどん進んでる。

14日に発表された日本のエネルギー政策をまとめた「エネルギー白書」。そこにはもはや原発事故への反省はない。

去年決まった、「2030年代に原発ゼロ」という方針も、それに対して市民の支持が圧倒的に多かった事実が盛り込まれていない。

政府が全国で開いた意見聴取会では「30年代ゼロ」が68パーセント。討論型世論調査でも47パーセント。

つまり国民の総意は原発をなくしたい。

ところが今回の「白書」では、そうした事実を消し去った。それって、どういうこと? つまり

「またはじまっちゃったね、自民党による、国民無視の暴走」ってこと。

原発だけじゃない。

去年の末の選挙の前は「TPP反対!」っていうポスターを貼っていた自民党。でも、今は党を挙げての推進だ。いつもながら鮮やかです!

この前も安倍さんが「国民の所得を150万円アップを目指す」なんていうコトをいっていたけれど、そんなの不可能。TPPのおかげで、潰れる農家が続出するよ。

そのうえ安倍さんは憲法も変えたい。「日本人の手に憲法を取り戻そう!」なぁんて言っている。それもウソ。

自民党の「憲法修正案」を読んでみると、今の憲法では、主権者はボクら普通の市民になっているけれど、それが政府になっちゃう。つまり、大切なのは国民よりも政治家ってことだ。

そうやって、国民の半分以上が支持した「原発ゼロ」はもう消えちゃった。TPPだってゴリ押し。その上憲法を変えて政治家が好き勝手にふるまう国を目指す。

それって、ボクが大学で習った言葉をつかうと「ファシズム」になる。

その証拠に、アメリカの大統領のオバマさん。安倍さんが総理になったときから距離をおいて、ずいぶん冷遇してるよね。安倍さんがホワイトハウスに行った時も、ブスーっとしてた。

ハリウッドの映画を見てみなよ。「ランボー」だって「スパイダーマン」だって「インディージョーンズ」だって、みーんな民主主義者。心の底から民主主義を愛している。戦う相手はファシストだ。

特にオバマさんは、黒人大統領だよね。わずか50年前までは、差別されるのが当たり前だった人たちだ。そんな人が、ファシズムを応援するワケがない。

今政府は、原発とかTPPとか、都合の悪いことはどんどん消しゴムで消している。なかったことにしはじめている。

都合のいいことだけを、ニヤニヤ笑いをしながら推進する。

ボクが大学生時代に読んだ本に、こういうタイトルのがあったよ。『笑顔のファシズム』。そう。笑顔の裏には、ボクラをだまそうっていう魂胆が潜んでいる。

今ノー!って言っとかないと、ボクらの日本はファシズムが支配する暗黒時代になっちゃうよ。



« 東京湾のウナギ、基準値を超えるセシウム | トップページ | 再除染は認めない  被曝したままでいいのか? »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499512/52043469

この記事へのトラックバック一覧です: またウソがはじまった 主導しているのは政府:

« 東京湾のウナギ、基準値を超えるセシウム | トップページ | 再除染は認めない  被曝したままでいいのか? »