無料ブログはココログ

« 危険なことを、安全に見せる方法 | トップページ | 原発で成長しよう、なんていうゴタクを聞かされた »

2013年6月 1日 (土)

笑っちゃうぜ  市民をバカスカ被曝さる福島県の実態

笑っちゃうような話しが、5月30日の朝日新聞の読者投稿欄に載っていた。

今日、6月1日と明日2日。福島で東北六魂祭が開催されるね。東北6県のお祭りが、復興を願って一同に集まるお祭りだ。ボクも2年前、仙台で初開催された時、仕事でそこにいたから、街がすごく盛り上がっていたのを覚えているよ。

今年は原発事故のあった福島県で開催だ。

ところが、投稿をした中村さんっていう学校の先生によると、地元では評判が悪いらしい。

会場は福島市内。祭りをする広場や道路、その周辺の除染が、このまえ集中的に行なわれたらしい。土が入れ替えられるほどの大々的な作業だ。

地元福島の新聞をネット読むと、祭りのための除染の記事がいろいろ出てたね。

いいことじゃない?って思ったら、

会場周辺は放射線量が低いとされ、除染されないまま、これまで何度も復興イベントが行われていたんだって。

ちかくのお店の主人によると

「さんざん大丈夫だって言ってきたのに、六魂祭があるからあわてて除染するなんて(福島)市民を愚弄するにもほどがある」

そう! 2年間も放射能を放置して、そこで「復興イベント」をやって、集まった市民を「被曝させてた」くせに、六魂祭があるなら除染しようというやり方だ。

あまりにも馬鹿馬鹿しくて、投稿を読んだ時笑っちゃったぜ。福島県、最高デス!

相変わらず市民の健康なんかどうでもいいというのが、福島県の行政機関のやりかた。これはヤバいぜ。

ボクは、心の底から福島の復興を願うよ。でも、ボクの願う復興は、こんな馬鹿バナシじゃない。


« 危険なことを、安全に見せる方法 | トップページ | 原発で成長しよう、なんていうゴタクを聞かされた »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499512/51861512

この記事へのトラックバック一覧です: 笑っちゃうぜ  市民をバカスカ被曝さる福島県の実態:

« 危険なことを、安全に見せる方法 | トップページ | 原発で成長しよう、なんていうゴタクを聞かされた »