無料ブログはココログ

« ベトナムの核廃棄物は日本が引き取る契約になっている! | トップページ | 東電のウソに磨きがかかる! 汚染水が海へ »

2013年7月23日 (火)

今日も出ている放射能、2億ベクレル! in ジャパン

選挙が終わって、自民党が大勝利。国会では、原発賛成派の自民党が大多数を占めることになった。

多くの国民は原発に反対しているし、福島では、原発事故がゼンゼン収束していない。

今も15万人が避難所暮らしをしているし、県外に避難している人もいる。

数日前、飯舘村に住んでいたという人に会った。

6689人全員が、村外、そして県外に避難している村だ(人口は7月1日現在、村のHPより)。

その原発からは、いまだに大量の放射性物質が吐きだされていることを知っている?

先週、福島第一原発の3号機から水蒸気が出たってニュースになっていたけれど。水蒸気という目に見える形で外に噴き出たから騒ぎになっただけ。

その半面、目には見えない放射性物質の量はビックリするほど多い。
 

毎時1千万ベクレル
1日で2億4千万ベクレル

ものすごい量の放射性物質が、閉じ込める努力もされないまま今日も放出されている。ちょっと水蒸気が上がったってレベルじゃない。

普通の原発なら、100ベクレルの漏れがでただけで大騒ぎになる。それが、2億4千万ベクレルだ。

昨日は、海に汚染水が流れ出ていたって、やっと東京電力が認めたね。

実は、海の近くで掘った井戸から汚染水が検出されたのは5月。東電は、さらに調べるという名目で最初それを黙っていて、やっと公表したのが6月。

その時点っで、誰もが海へ流れ出ているハズだと思っていたけれど、東電は否定。

でもやっと認めたのが昨日だ。ウソつき企業、東電。

四国電力の伊方原発(愛媛県伊方町)の記事を思いだす。先週、朝日新聞に出ていた記事だ。

民宿を営む人は「貧しかった町が豊かになったんだ」と、再稼働を心待ちにしている。

その一方で、「想定外の事故があれば、瀬戸内海は死の海になる」と心配する人もいる。

福島から、その愛媛県へ避難している人はこう言っている。

「安全だと思っていた原発が安全じゃなかったことがわかった。その時の代償は大きい」

政権を獲った自民党は、原発推進政党だ。国民の大半が原発に反対しても、強引に推進するでしょう。

原発だけじゃない。TPPやファシズム憲法の制定、税金バラマキ政策など、これから3年で大暴走するはずだ。

「再稼働で国民の命も危うくされる」

そう言ったのは、生活の党の代表の小沢一郎さん。ボクは小沢さんの政治手法は嫌いだ。

でも、原発のせいでボクらの命が危険にさらされるというのは絶対的な事実。

今日も億単位の量の放射能が漏れ出ている。
15万の人たちが、避難所暮らしをしている。
そしてボクらは命の危機にさらされている。

それが原発だ。キミはそんなものに、賛成できる?




« ベトナムの核廃棄物は日本が引き取る契約になっている! | トップページ | 東電のウソに磨きがかかる! 汚染水が海へ »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499512/52567996

この記事へのトラックバック一覧です: 今日も出ている放射能、2億ベクレル! in ジャパン:

« ベトナムの核廃棄物は日本が引き取る契約になっている! | トップページ | 東電のウソに磨きがかかる! 汚染水が海へ »