無料ブログはココログ

« 命のピンはね  ぼくらが暮らす日本の現実 | トップページ | 選挙のために、放射能は我慢する »

2013年7月10日 (水)

お願いします、自殺しないでください

このまえ、NHKの大河ドラマ『八重の桜』を観た。

主人公の山本八重が住む会津が官軍に攻められ、会津藩の家老、西郷頼母の家族、奥さんや娘たち9人が自害するシーンがあった。

むごいシーンだけれど、これは実話だ。

ボクは今から13年前、偶然だけど父と母と3人で、この家老の家を見学したよ。自害した部屋を今も覚えている。

その自害のシーンが、今の福島に重なるよ。

渡辺はま子さん、58歳のことだ。

2011年7月1日。放射能汚染地区に夫婦で一時帰宅したとき、自宅の庭でガソリンを被って火をつけたのだそうだ。

旦那さんの幹夫さんは、東電に損害賠償請求を起こしたけれど、町内では「金目当てだ」などと陰口を言う人がいるという記事が、8日の朝日新聞に出ていた。

ヒドイ話だ。人は、なぜこうも酷くなれるのか?

原発や大震災の被災者や自殺の話は、ほとんどニュースにはならない。だから大半の日本人は、そんな人たちがいることを知らないまま過ごしている。

58歳の女の人が、ガソリンを被って焼身自殺をする異常。そんな現実が隠れている。

そればかりか、国民の大半が反対する原発を、政府はうやむやなまま押し切る形で再稼働しようとしている。

100年前、会津で自害した人々は200人いたそうだ。

そして今、福島県の震災関連の自殺者は100人弱。

今も昔も『勝てば官軍』。選挙で勝てば、好き勝手し放題。そんな日本のままでいいのか?

頼みます! 福島の人たち。もう、自殺などしないでください。生きてください。お願いします!




« 命のピンはね  ぼくらが暮らす日本の現実 | トップページ | 選挙のために、放射能は我慢する »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499512/52385890

この記事へのトラックバック一覧です: お願いします、自殺しないでください:

« 命のピンはね  ぼくらが暮らす日本の現実 | トップページ | 選挙のために、放射能は我慢する »