無料ブログはココログ

« 吉川晃司が歌った原爆反対の歌 in 広島球場 | トップページ | 住民避難の発令所  それは使えないシロモノだった »

2013年8月12日 (月)

「風評被害」という言葉にだまされるな

昨日のブログでは、広島に原爆が落ちた8月6日の夜。広島vs阪神戦で、被ばく二世の吉川晃司が、「原爆反対」の気持ちを込めた歌った『イマジン』のことを書きました。こんな歌詞です

『イマジン』

天国はない ただ空があるだけ
国境もない ただ地球があるだけ

みんながそう思えば、簡単なこと

放射能はいらない もう被ばくもいらない
偉い人も 貧しい人も

みんなが同じならば 簡単なこと

夢かもしれない
でもその夢を見ているのは 一人だけじゃない

世界中に いるさ


ボクはこの歌詞をこう考えてみたんです。

「放射能はいらない」は、原爆はいらない
「もう被ばくもいらない」は、今もまだ、被ばくしている人たちがいる

つまり、広島に落ちた原爆はいらない
今も福島の事故で、被ばくがつづいている

原発事故のことも歌っているから、「もう」被ばくはいらないっていう歌詞になったんです。
広島の原爆のことだけなら、「もう」とつけなかったはず。

今も被ばくする人が増えているから、吉川晃司は「もう被ばくはいらない」って歌ったんだと。

そして「偉いひとも 貧しいひとも みんなが同じならば 簡単なこと」

これは明らかに福島の原発事故をさしています。もし広島のことだけを歌うなら、「偉い人」と「貧しい人」を対比したりはしないでしょう。

もしくは、原爆投下指令を出した司令官が「偉い人」。原爆を落とされた一般の市民を「貧しい人」と歌ったのかもしれません。でもそれは同時に、

「偉い人」とは、原発事故を起こした東京電力の経営者たち。原発で利権を貪る政治家たち。っていう風に考えることもできます。

そして貧しい人たちとは、家も田畑も家畜も漁場も失った人たち。福島で、毎日一生懸命仕事をして、小さな幸せを築きあげた普通の人たち。そして原発事故で、その幸せを失ってしまった弱い人たち。

そんな「偉いひとも 貧しいひとも みんなが」ともに原爆も原発も、その被害のことを同じにかんがえたらどんな答えがでるのか? 「簡単なこと」でしょう?

そういう歌詞に聞こえます。

そして吉川晃司は、こう続けます。
それは「夢かもしれない」って。

その意味は、原爆をなくし、原発をなくし、放射能をなくし、被ばくをなくすことは、容易な道のりではない。ただの夢で終わってしまうかもしれない。願いはかなわないかもしれない。

「でもその夢を見ているのは 一人だけじゃない 世界中に いるさ」

吉川晃司は、原爆と原発に反対。世界中の人たちと原爆を反対しよう。今も被ばくが続く福島のことを考えよう。

この短い歌詞にそんな気持ちを込めているように、ボクには思えます。

ところが、そんな願いを潰してしまうようなひと言を、歌の直前、アナウンサーが言ったのには驚きました。吉川晃司が歌いはじめる直前、こうアナウンスしたんです。

「東日本大震災と、福島第一原発の事故による“風評被害も含めた”被害の大きかった福島で、プロ野球が今何をできるかを考えて行く」(これは原文のままです)

すごくヘンな言い方です。

「東日本大震災と、福島第一原発の事故による被害の大きかった福島で……」と言えばいいところを、なぜかこのアナウンサーは“風評被害”という言葉を滑り込ませました。

原発事故で今も放射線被ばくの危険がある、という事実や、食品に放射能が含まれるようになったその後の日本を“風評被害”といいうひと言でくくってしまったんです。

子供の被ばくを心配して、福島県から出て行く家族がいます。
福島に住むおばあちゃんやおじいちゃんの家に、遊びに来なくなった孫たちがいます。
福島でできた農作物をやめ、他県産の野菜を食べさせる福島在住の親たちもいます。

今日も億ベクレル単位の放射線が原発から放出されています。
海の汚染も、毎日300トンづつ広がっています。

これは“風評被害”ではありません。

現実の害が、ボクラを取り巻いているんです。

「もう被ばくはいらない」と警告した吉川晃司の歌を、潰してしまったのかもしれません。

そうやって、今も続く原発災害を、なかったものししてしまおう。福島の原発事故は、ただの風評被害です。と、印象づけるように、仕向けています。

このアナウンサー、自分が口にしたひと言のおかげで、何をダメにしてしまったのか、わかっているのかな?

原発事故は風評被害。今は安全。

吉川晃司の『イマジン』。いい歌でした。彼の気持ちが伝わりました。

でも、あのアナウンサーのひと言が、ちいさなキズをつけてしまいました。

現実をしっかり見よう。もう被ばくはいらない。

ボクはそう思います


吉川晃司の『イマジン』と、アナウンサー“風評被害”発言は、下のブログで見ることができます。
でも、アナウンサーのひどいセリフなんか気にせずに、『イマジン』を聴いて、楽しんでください。

http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3183.html






« 吉川晃司が歌った原爆反対の歌 in 広島球場 | トップページ | 住民避難の発令所  それは使えないシロモノだった »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499512/52844926

この記事へのトラックバック一覧です: 「風評被害」という言葉にだまされるな:

« 吉川晃司が歌った原爆反対の歌 in 広島球場 | トップページ | 住民避難の発令所  それは使えないシロモノだった »