無料ブログはココログ

« 原発をやめるのは「月へ行く」より簡単さ  ケネディの演説に思う | トップページ | あれはどうなった? 「原発は絶対安全」という契約書 »

2013年11月23日 (土)

国のために戦った兵士をも「だます政府」を許せるか?

ボクは男の子なので、小学生のころはよくプラモデルを作りましたよ。ゼロ戦とか軍艦とか。

太平洋戦争のころの空母“赤城”もね。1942年夏、ミッドウェー海戦で撃沈された主力空母だ。

19日の朝日新聞に、その赤城の乗組員だった人の娘さんが投稿をしていた。

赤城が沈んで救助され、船で戻ったその人のお父さんや仲間の水兵たちは、甲板から彼方の富士山を見て号泣したそうです。「うぉー、うぉー」と言う泣き声が投稿に書かれていました。

彼らは死地をくぐり抜け、母国に帰って来たんです。無念で悔しく、そして日本に帰れてホントにうれしかったと思います。

話はここからです。

救助された赤城の将兵は、日本に上陸させてもらえませんでした。

千葉沖の船に1カ月軟禁されたそうです。

そして南方の激戦地に配属され、母国の土を踏むことなく、その大半は海の藻屑と消えていったそうです。

なぜなら、ミッドウェー海戦の敗北は極秘にされていたから。日本の国民の目から隠されたんですね。

空母が一度に4隻も沈んだことが国民にバレたら大変なことになる。

政府や軍部にとっての不都合な真実。

秘密にされました。

政府や政治家というのは、そうやって秘密を作りたがる。その方が都合がいい。国民なんかだましておけばいい。

政府は「赤城の乗組員はお国のために死んでくれ」「そうすれば秘密を守れる」「敗北を隠せる」と思ったのかもしれません。

命を懸けて戦った兵士への、それが国の仕打ちですよ。キミはそれを許せるか?

今、日本の国会議員たちは、「靖国神社の英霊に祈りをささげる」なぁんておっしゃる。

でも大半の議員たちは、そうやって戦争で亡くなった人たちや靖国神社を、政治的に利用しているだけです。

靖国神社にまつられた日本の兵隊は、こんなふうに政府にだまされて、裏切られた人たちがたくさんいる。

これが日本の姿です。秘密保護法を制定し、政府に都合の悪いことは隠したい。今、そういう日本が復活しようとしている。

秘密保護法。

安倍ちゃんのやりたい政策は、「秘密保護法」「愛国教育」「国防軍創設」「憲法改正」「国民主権より国家優先」がワンセット。

「ヒットラーの手口を見習う」は、ユーキャンの日本流行語大賞にノミネートされたね♪

この政策を見たら、ボクらの日本どういう国にしたかが判るでしょ?

秘密保護法はボクら日本人をだますための法律だ。


その後、投稿をした人のお父さんはどうなったか。戦争を生き残り、奇跡的に日本に戻れたそうです。

85歳で亡くなったそうです。最後の言葉は

「富士山が見えたぞ!!」

ボクは思う。あなたの言葉、一生忘れません。秘密保護法、ゼッタイ反対。



« 原発をやめるのは「月へ行く」より簡単さ  ケネディの演説に思う | トップページ | あれはどうなった? 「原発は絶対安全」という契約書 »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499512/54025167

この記事へのトラックバック一覧です: 国のために戦った兵士をも「だます政府」を許せるか?:

« 原発をやめるのは「月へ行く」より簡単さ  ケネディの演説に思う | トップページ | あれはどうなった? 「原発は絶対安全」という契約書 »