無料ブログはココログ

« 海外に売る日本の原発、かなりアブナイ話し | トップページ | 今、原発はゼロ。止めているのはボクらの「民意」だ »

2013年12月30日 (月)

死ぬかもしれない覚悟 そんな2013年だった

2013年。
ボクは生まれてからこのかた、これほど恐怖を感じた年はなかった。

原発再稼働。
安全を担保されない不安定で危険な原発を、経済原理だけで動かそうとする電力会社や産業界、政府自民党。

もしまた原発が事故を起こせば、日本はもっと放射能まみれになり、そうなったとしても、誰も責任を取らないし、10万人以上の新たな難民が誕生する。ボクらの体内に蓄積した放射能は、今後どんな悪影響を及ぼすかもしれない。

原発は日本の経済のために必要だ。そう言う人たちがいるけれど、現に今、原発はゼロ。でも、経済に何の影響もない。困っているのは、燃料費が高くつく電力会社だけ。今まで100万ものウソをついてきた電力会社にとっては自業自得だ。

とはいえ原発を動かす、動かさないという議論は、ボクらの生と死にかかわる重大事項だ。

福島では、突然変異して奇形になった昆虫が発見されはじめた。

ボクらが安心して暮らせる日本に戻すには、原発を放棄する以外に方法はない、

いっぽう、直接的にボクら日本人の生死にかかわる問題が中国。尖閣問題だ。

果たしてボクらは中国と戦争になるのか。数日前の安倍首相の靖国参拝問題で、多くの人が口にするのが今、日本と中国は「一発触発」の危機にあるとういう現実。

お互いの艦船が、お互いの戦闘機が、何らかの過ちで交戦したら、突如戦争がおこりうる。

そして戦争がおこれば、尖閣諸島を取った、取られたという限定された戦争でおさわるわけがない。お互いの大都市まで攻撃対象に据えた戦争に発展したら。果たして日本に勝ち目があるのか? 勝てたとしても、沖縄本島が攻撃されたら? 那覇が攻撃されたら?

自衛隊員だけじゃない。一般市民に死者がでたら?

それでも戦争をしたいという日本人は、ボクから言わせればサイテーのバカだ。

絶対に戦争を起こしてはいけない。平和への努力を前向きにしようとしない今の政府は、バカの一歩手前にいる。ボクはそう考えている。

「日本は軍事国家になるべきだ」

そう言ったのは、日本維新の会の代表、石原慎太郎だ。この人が目指す日本は、安倍さんと同じ、軍事力っていうオモチャを欲しがる帝国主義国家。帝国っていうのは、ヒトラーやダースベイダーが君臨する国のコトだ。

「米軍兵士の性欲処理を日本人の女の子にさせましょう」

というようなことを言ったのは、やっぱり日本維新の会の共同代表、橋下さん。

ボクは思いだすよ。維新の会が、日本の若者にむけて、政治家になって日本を変えようって声をかけ、政治塾を始めたときを。みんな、日本をいい国にするんだって政治家を志したあの希望に満ちた若者たちの笑顔を。

それを見事に裏切った。軍国主義、慰安婦、原発再稼働、老人政治。今、維新の会がやっている政治に、ボクは恐怖を感じるよ。あの笑顔はどこへ行った?

政府自民党もそうだ。

今の危機をもてあそび、軍備増強、集団的自衛権、憲法改正、愛国教育。政府や政治家たちに都合よく、有利に運ぼうとする安倍政権のもくろみが透けて見える。危機をもてあそんでいるバカげた政治家たち。

そうした火遊びは百害あって一利なし。愚かでしかない。

だから安倍さんが靖国神社に参拝し、アジアはおろか、アメリカやヨーロッパ、ロシアからも非難されるような事態になった。

生きるか死ぬか。戦争か平和か。帝国主義や軍国主義がいいのか、それとも民主主義を選ぶのか。

政府がいくらでも好き勝手をし、ときには暴走する国がいいか。
それとも、ボクら市民が、この手に国の主権を握り続けられるのか。

復興予算を、無意味なことに横流しするサイテーな事件も起こった。
未だに15万人もの人たちが、仮設住宅で暮らしている。
放射能は空へ、海へ、大量に漏れ出たままだ。

そしてボクが今年知ったのは、水俣病、広島や長崎の原爆症。

日本でこうした病気に認定された人たちは、わずか15パーセント、4パーセント、1パーセントとしかいないっていう現実。50年以上、苦しんで、たったの4パーセントの人しか救われない。

国はボクラ国民を絶対に守ってくれない。

それを肝に銘じて、これ以上原発や公害でヒドイ目に合わないよう、自衛しなければならない。

そればかりか、危険な原発稼働、放射能が漏れだす福島、中国や韓国と前向きに国交回復をしようとしない政府。戦争の危機。増税。人権無視。憲法修正。

今ボクらのくらすこの国は、ヒドイ方向へ向かっている。

2014年は、そんな安倍帝国を拒否しなきゃいけない。

そういう1年にする。

安倍帝国になったとしても、ボクはそれに従うつもりはない。

« 海外に売る日本の原発、かなりアブナイ話し | トップページ | 今、原発はゼロ。止めているのはボクらの「民意」だ »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499512/54428215

この記事へのトラックバック一覧です: 死ぬかもしれない覚悟 そんな2013年だった:

« 海外に売る日本の原発、かなりアブナイ話し | トップページ | 今、原発はゼロ。止めているのはボクらの「民意」だ »