無料ブログはココログ

« マコトの話 「電力会社は赤字」っていうごまかし術 | トップページ | 東京電力に恐怖を感じる 原発に近付けるな »

2014年2月 3日 (月)

ボクらの払った電気代が、現職大臣のふところに入るまで

電気代が値上がり、懸命に節電しているボクらのふところを直撃。4月には消費税があがるから、生活は今より大変になる。

電気代が上がれば、中小企業は利益が減って、サイアク倒産・廃業する会社もあるかもしれない。

ところが先週、そうやってぼくらから徴収した電気代が、まんまと政治家のパーティ券になっていたことが発覚したね。

しかも現役閣僚だ。

つまり、値上げしなけりゃならないほどお金に困ってる(ハズの)電力会社から、いけしゃぁしゃぁと政治献金をうけとっていたのが、自民党の甘利明(あまりあきら)。呼びつけ! 『さんづけ』する必要なし。

しかも、甘利明のポストは経済再生相っていうのだから、あきれるを通り越して、もはや腰が抜けるゼ。

最近の甘利明の発言は「エネルギー政策は国策として、国民の利益を考えて取り組むべきだ」って、原発を推進する産経新聞に出てた。産経新聞は、甘利さん立派なことをおっしゃった!と応援のつもりで記事にしたんだろうけど。

国民のための電力政策を語るアンタがやってるのは、ヤクザそのもの。

国民が払った電気代 → 電力会社 → 甘利明の懐

という図式だ。

『国民の利益』どころか、国民から絞り取った電気代の一部が、あんたのパーティ券に化けるってワケ。

こりゃまったくよくできた仕組みだね。

甘利明にとって電力会社は、好都合な集金組織。ボクらから集めた電気代が、アンタの資金源になっている。

アキラ君、電力会社の味方をするわけだ。原発再稼働だって推進しちゃうね。

ボクらの生活を苦境にたたせ、中小企業を泣かせる張本人が、経済再生相ご本人。

こんなヤツが日本の経済を再生しようっていうンだから、こりゃもうブラックジョークだよ。





« マコトの話 「電力会社は赤字」っていうごまかし術 | トップページ | 東京電力に恐怖を感じる 原発に近付けるな »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499512/54842979

この記事へのトラックバック一覧です: ボクらの払った電気代が、現職大臣のふところに入るまで:

« マコトの話 「電力会社は赤字」っていうごまかし術 | トップページ | 東京電力に恐怖を感じる 原発に近付けるな »