無料ブログはココログ

« 福島県民は不快な存在なのか? | トップページ | 原発事故 故郷から『永久追放』された人々 »

2014年3月14日 (金)

逃げられないのに稼働する ヤバいね

最近よく耳にしたり、目にしたりする言葉がある。

「逃げられないのに稼働する」

鹿児島県にある川内(これでセンダイって読むんだそうだ)原発に、原子力安全委員会が基準を満たしているかどうかの審査をすることになった。

これが通れば、夏ごろ再稼働するらしい。

そこで登場するのが、この言葉。

「逃げられないのに稼働する」

原発施設の安全基準は一応満たしているけれど。もし川内原発に重大事故がおこれば、逃げるのに時間がかかる。

ヘタしたらたくさんの人が大量に被ばくすることになる。

地元は、避難計画を立てたらしい。

でも地元に人によると、避難訓練とか、いざというときにどう逃げるかの指示はないらしい。

幼稚園や保育所にあずけた子供はどうするの? ゼンゼン指示や対策がしめされてないって、先生た言ってたよ。

これはボクの推測だけど、地元自治体も、原発が動けば税金が入るし、作業員たちもやってきて町が潤う。お金がほしいから、とりあえず机上の避難計画を立てといて、現実的な避難方法はあとまわし。なぁ~んてなっていたら、それは大変なことだ。

放射能を前に、そんなテキトーは通じない。

ま、全国の原発自治体は、避難より原発マネーに気持ちが行っちゃってるところがあるからね。

もし実際に原発から大量の放射能が漏れても、自衛隊が助けにきてくれるから何とかなる、などと思っていたら、被ばくの危険も冒さなきゃならない自衛隊員はかわいそうだし、迷惑だ。

万事がこんな風に進んでいくわれらの原発。

もし、原発事故が夜だったらどうするの? 台風が上陸した時に重なったらどうするの? ヘリも飛べないし、海からも救援に来れない。逃げるときに死ぬ人も出る。

鹿児島はそんなに雪が降らないと思うけれど、北海道や新潟、北陸の原発では、大雪の時に地震と原発事故が重なったらどうするのか?

そんなとき、何万、何十万って言う人が、30キロ、50キロという距離を逃げなければならない。

それに対する満足する回答はいまだにない。

「逃げられないのに稼働する」

それが今の日本の姿だ。

しかも今日の深夜2時すぎ、愛媛県で震度5の地震があった。けが人が数人出たんだって。

気象庁の発表で場所を確認すると、佐田半島の沖合の伊予灘。海の中。規模はマグニチュード6.1。巨大な活断層があるとされる場所だ。

震源地は、愛媛県、山口県、大分県の真ん中あたりの海。地図をみたら、山口県の上関町って出ているから、これは上関原発を作ろうとして、賛成派と反対派が何十年ももめている町かな?

佐田半島の根元にだって伊方原発がる。もし津波があれば、山口県の上関町と愛媛県の伊方原発はモロに被る場所だ。

伊予灘の過去の地震記録を見てみたら、震度3とか4の地震が年に何度も起こってる。2006年にはマグニチュード5.2があった。中でも最大のヤツがゆうべの6.1だ。

住んでる人たち、原発からの逃げ道はちゃんとあるのかな? 逃げる手段はあるかな?

「逃げられないのに稼働する」じゃ、無責任すぎだよね。

今やってる原発の安全って、実はそのくらいヤバい話なんだよ。



※前にも書いたケド、いつも書いているボクのブログは何に引用してもかまわない。著作権は放棄してるから。





« 福島県民は不快な存在なのか? | トップページ | 原発事故 故郷から『永久追放』された人々 »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

地元の人は避難するのではなくて、原発で潤ってきたのだから、事故が起こったら港と道路を封鎖して脱出を阻止した上でリクビダートルとして原発に特攻させましょう。福島の現状は、原発で潤ってきた周辺住民は賠償金をもらって遠くに避難、だが飯舘村とか潤っていないのに被曝+自費で避難みたいなケースがあって不公平すぎる。だから潤ってきた周辺住民は原発に特攻しろよw

ということで、推進派は原発の周辺に住んで事故に備えなさい。
ところで賠償金はover 1mSvの地域で集団訴訟がポコポコ発生してるね。実に感心する。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499512/55364241

この記事へのトラックバック一覧です: 逃げられないのに稼働する ヤバいね:

« 福島県民は不快な存在なのか? | トップページ | 原発事故 故郷から『永久追放』された人々 »