無料ブログはココログ

« 福島で基準以上の放射線 政府は半年公表せず | トップページ | あまりにヒドい韓国の沈没事故  日本の原発と同じだ »

2014年4月20日 (日)

大飯原発  安全基準以下で稼働したことがバレた

危険があるにもかかわらず、原発を動かしていた。それがバレた。

関西電力の大飯原発(福井県)で、そんな事実が昨日、新聞やネットのニュースで駆け巡ったネ。

問題になったのは、大飯原発の3号機と4号機。

原発の安全を評価する原子力規制委員会は、地震の震源の深さを3キロとして耐震性を計算するようもとめたのに対し、

関西電力は当初4キロに想定。

これじゃ安全審査が通るわけがない。

そこで関電は3.3キロに妥協しての想定見直し。

もちろん3キロじゃなきゃ審査を通すハズがない。3キロって決めたものを3.3キロで通しっちゃったら、それこそアホでしょ。

子供だって判る理屈だ。

ところが! そんなガキの屁理屈に頼らざるをえない理由が関西電力にあるんだね。

もし震源の深さを3キロで想定すると、揺れが強くなるワケだから原発の耐震性が足りなくなる。壊れる危険が強くなる。

追加の耐震工事が必要になるし、工事をすればお金と時間がかかってまた再稼働が遅れる。それじゃあ困るのが関西電力だ。

規制委員が求める3キロの震源で計算したくない。だから、4キロだ、3.3キロだって、なんとか安全基準を甘くしてもらおうと躍起なワケだ。

バナナのたたき売りじゃないんだから、「真ん中とって3.5キロ! ええいッ、大負けに負けて3.3キロだぁ~ッ!!」

これが関西電力の主張する安全な原発。でもそれは、ホンモノの安全じゃない。

しかも、根本的な問題が抜けてるよ。

問題の大飯原発3号機と4号機って言えば、311後、唯一再稼働に踏み切った原発だ。

憶えてる? 2年前、大飯原発が再稼働したとき、日本の国民はかなり反対したよね。

でも2012年7月に稼働を開始して、去年9月に定期点検のため停止した。

大阪に出張したとき、テレビのCMを見たよ。小倉智昭さんと菊川怜がキャスターをしてる朝の番組、『とくダネ』。大飯原発の映像が流れて、「関西電力の原発は安全です!」ってCMを打ってた。

ところが、フタを開けてみると、耐震基準を満たしてない。

それどころか、耐震基準を甘アマに下げさせようと躍起な関電。

あのCMは何だったの? マスコミに金を流すための対策か?

安全対策はバナナみたいに甘いくせに、マスコミ対策はキッチリやるのが電力会社のオモロイところ。

だいいち、そんな安全基準以下の原発、なぜ動かしたんだ? 大問題だよね!

ウソと危険と誤魔化しの上に建っているのが日本の原発。安全性はバナナ程度だ。





« 福島で基準以上の放射線 政府は半年公表せず | トップページ | あまりにヒドい韓国の沈没事故  日本の原発と同じだ »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499512/55854642

この記事へのトラックバック一覧です: 大飯原発  安全基準以下で稼働したことがバレた:

« 福島で基準以上の放射線 政府は半年公表せず | トップページ | あまりにヒドい韓国の沈没事故  日本の原発と同じだ »