無料ブログはココログ

« 原発の安全に対する「抵抗勢力」 | トップページ | 福島県では鼻血が出る  国会議員さえ認めている »

2014年5月 3日 (土)

天皇陛下は言った 「日本の憲法を守れ」と

今日は憲法記念日。

ところが今、日本の憲法は制定以来最大の危機にある。

それは憲法ばかりではない。日本の民主主義、人権、平和。そうしたもの全てが危機にある。

でも天皇自身が憲法を護れと発言したことはあまり知られていないね。去年の12月23日。天皇誕生日のことだ。

宮内庁での記者会見でこう応えている。(※以下原文)

「特に印象に残っている出来ごとという質問ですが、やはり最も印象に残っているのは先の戦争のことです。私が学齢に達した時には中国との戦争が始まっており、その翌年の12月8日から、中国のほかに新たに米国、英国、オランダとの戦争が始まりました。終戦を迎えたのは小学校の最後の年でした。この戦争によって日本人の犠牲者は約310万人と言われています。前途に様々な夢を持って生きていた多くの人々が、若くして命を失ったことを思うと、本当に痛ましい限りです」

「戦後、連合国軍の占領下にあった日本は、平和と民主主義を守るべき大切なものとして日本国憲法を作り、さまざまな改革をおこなって、今日の日本を築きました。戦争で荒廃した国土を立て直し、かつ、改善していくために当時の我々が国の人々の払った努力に対し、深い感謝の気持ちを抱いています。また、当時の知日派の米国人の協力も忘れてはならないと思います」

「日本の憲法はアメリカの押しつけだ!」などと発言していた人たちが「米国人の協力も忘れてはならない」という発言で、にわかに黙り込んでしまったね。

実は天皇陛下のこの発言で、憲法を変えようとしていた政権と自民党はつまずいてしまい、じゃぁ憲法は変えずに「解釈」で集団的自衛権を行使しよう、などという法の隙間をすり抜けるインチキな裏技的な方法を取り始めた。

去年10月、秋の園遊会で国会議員の山本太郎さんが天皇陛下に被災地の窮状を書いた手紙を手渡そうとしたとき。「天皇は政治に関わってはいけないことになっている」って、さまざまなニュースや新聞で繰り返されていたけれど。

その天皇陛下自身が、「憲法を守りなさい」という政治発言をしている。それを忘れてはならない。

実は昨年10月、皇后陛下の誕生日でも、皇后陛下自身が憲法について語っている。

「5月の憲法記念日をはさみ、今年(平成25年)は憲法をめぐり、例年に増して盛んな議論が取り交わされていたように感じます。主に新聞紙上でこうした議論に触れながら、かって、あきる野市の五日市を訪れた時、郷土館で見せていただいた「五日市憲法草案」のことをしきりに思い出しておりました。明治憲法の公布に先立ち、地域の小学校の教員、地主や農民が寄りあい、討議を重ねて書き上げた民間の憲法草案で、基本的人権の尊重や教育の自由の保障、及び教育を受ける義務、法の下の平等、さらに言論の自由、信教の自由など、204条が書かれており、地方自治権等についても記されています。当時それに類する民間の憲法草案が、日本各地の少なくとも40数箇所で作られていたと聞きました。近代日本の黎明期に生きた人々の、政治参加への強い意欲や、自国の未来にかけた熱い願いに触れ、深い感銘を覚えたことでした」

思うに、天皇家はボクら国民にこう言っているように思う。

今の憲法を大切にしなさい。憲法を学びなさい。それはぼくらの平和の礎であり、平和な未来への希望なのだからって。

「解釈」だ「政府方針」だ、果ては「総理大臣ひとりの個人的な思い入れ」だ、などという裏ワザやインチキで、大切な憲法を変えてもいいとキミは思うかい?

ボクは実感したよ。

天皇家も、憲法を護りたいと願うボクらと一緒にあるのだなってね。


天皇陛下と皇后陛下の誕生日の会見は、全文が宮内庁のホームページにアップされています。

「天皇陛下お誕生日に際し(平成25年)」 天皇陛下の記者会見
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/kaiken/kaiken-h25e.html

「皇后陛下のお誕生日に際し(平成25年)」
宮内記者会の質問に対する文章ご回答
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/kaiken/gokaito-h25sk.html






« 原発の安全に対する「抵抗勢力」 | トップページ | 福島県では鼻血が出る  国会議員さえ認めている »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499512/56038647

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇陛下は言った 「日本の憲法を守れ」と:

« 原発の安全に対する「抵抗勢力」 | トップページ | 福島県では鼻血が出る  国会議員さえ認めている »