無料ブログはココログ

« 日本に正義はない、韓国にはある  「原発と沈没船」 | トップページ | 避難計画はなくてもいい。と、ヤバい発言をする知事や学者たち »

2014年7月25日 (金)

原発再稼働  住民の安全を守る気はない首相の安倍ちゃん

「いかなる事態にあっても国民の命と平和な暮らしを守りぬいていく」
この一文。1カ月くらい前、集団的自衛権の閣議決定の趣旨に書かれている。新聞の1面に、ビッチリと文字が埋め尽くされた閣議決定の原文を、ボクは読んでみたよ。
しかも、3回か4回も、この「~守り抜いていく」っていう文章が繰り返されている。という、物を書く仕事をしているボクからすると、はなはだヘタクソな文章だ。
この「~守り抜いていく」って言うのは、首相の安倍ちゃん、お得意のフレーズ。
ところがそれは、まったくもってウソっぱち、だってことを、言った本人の安倍ちゃんも判ってないご様子なので、ここで書かせてもらうよ。
つまり、こういうことだ。
集団的自衛権   市民を守りぬく!
原発再稼働    市民の安全なんか無視してる。守る気ゼロだ。
つまり安倍ちゃんは、集団的自衛権では一生懸命「守り抜く!」って連発してるけど、川内原発(鹿児島県)の再稼働にかんしては、市民の安全を「守り抜く!」意志なんか、じぇんじぇん持ち合わせていない。
みなさんもご存知だと思うけれど。
鹿児島県の川内原発が再稼働されようとしている。
火山の影響を受けるって言われる川内原発。その対策は中途半端。
もし原発で事故が起きたとしても、避難計画すら満足に出来ていない。
国は30キロ圏内の避難計画を整備すること。って決めたけど、鹿児島県知事なんか、「10キロ圏内で十分ですよ」、などとヌルいことを言っちゃってる痴れ者だ。
そんなずさんな状況なのに、首相の安倍ちゃんは見て見ぬフリ。
そればかりか、3、4日前のニュースでは、またぞろ「日本は世界最高の安全基準で~」などと、もう子供だって信じちゃいない神話みたいな安全基準を語っていたよ。
ボクはのけ反っちゃったね。
原発の安全基準まで“解釈”で判断して、再稼働させようとしている。
そればかりか、(川内原発がある)九州の財界の重鎮たちと“会食”をして
「川内はなんとかしますよ」
と、約束したそうだ。
何だそりゃあ?
あんたが守りたがっている国民とは、かなりの距離を開けているくせに。財界人とは“ご会食”をしながら、「なんとかしますよ」と気前のいいことを約束しちゃう。
集団的自衛権では、あれだけ熱心に「守り抜く!」って連発する安倍ちゃん。
原発のことになると、「守りぬく!」はずの国民の生命と財産を、とたんに忘れちゃう安部ちゃん。
二枚舌だ。自分に都合のいいことばっかり言ってる。
というか、安倍ちゃんの頭の中にには、ハナっから国民を「守り抜く!」気なんかない。ゼロと言ってもいい。市民を鼻クソとしか思っていない。
「守りぬく!」気があるのなら、川内原発の安全性を、誰が見ても200パーセント「守りぬく!」ことができる状態にしてからにしろ。
今の日本を見てみようよ。
原爆症、水俣病、福島では放射線量の高い地域への帰還。
そんなふうに、みんなほっぱらかし。
「守りぬく!」べきは、こうした人々じゃないの?
安倍ちゃんの頭の中には、国民を大切にする、という気持ちはゼロだ。
ニュースを見ても、そんな発言はほとんどないね。
それでいて「守り抜く!」を、閣議決定に3度も、4度も入れて、自分の発した言葉に酔いしれているみたい。
北海道新聞の社説に、こんな文章があったよ。
「安全とは誰のためにあるものか? 住民の安全をどう守るのか。これに尽きる。ところが、それがまったく手つかずのままになっている」
これが今、日本が直面している現実だ。
テキトーなことばっか言ってるんじゃねーぞ、安倍!
国民をバカにすんな。

« 日本に正義はない、韓国にはある  「原発と沈没船」 | トップページ | 避難計画はなくてもいい。と、ヤバい発言をする知事や学者たち »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499512/56895307

この記事へのトラックバック一覧です: 原発再稼働  住民の安全を守る気はない首相の安倍ちゃん:

« 日本に正義はない、韓国にはある  「原発と沈没船」 | トップページ | 避難計画はなくてもいい。と、ヤバい発言をする知事や学者たち »