無料ブログはココログ

« 避難計画はなくてもいい。と、ヤバい発言をする知事や学者たち | トップページ | がれき撤去で4兆ベクレル流出  まずそれを止めろ! »

2014年8月10日 (日)

戦争の犠牲者を冒涜する  安倍首相

日本の首相は、なぜこうも平和に消極的なのだろう。

なぜこうも、広島や長崎の被爆者たちの気持ちを踏みにじる行為ができるのだろう。
ボクは、矛盾を感じることがある。
靖国神社や死んだ兵隊たちにを熱心に賛美する安倍。
ところがそのいっぽうでは、広島や長崎、沖縄など、民間人の死者には、冒涜ともとれる傲慢な態度をとる安倍。
戦争で生じた「死」に対し、ここまで激しく温度差をつける人物が、今、日本の首相になっている。
8月6日朝。ボクは家内と一緒に、NHKで中継されていた広島の平和式典を観たよ。
安倍首相のスピーチがあった。
ところが、全然心に響いてこないし、まったくといっていいほど感動できない。
思っていもいないことを、機械的いしゃべっている。そんなスピーチだった。
すると翌日には、式典で総理から発せられたスピーチは、去年のものをほぼそのままコピーした「焼き直し」だったことが判明した。
日本人として、もっとも大切に、寄り添っていかなければいけない人たち、戦争の犠牲者たちに、首相は「コピペ」で挨拶したワケだ。
これはまさに、被爆者たち、戦争の犠牲者たちへの冒涜に他ならない。
そんな人物が同じこの日本にいるということが信じがたいし、ましてやそれが日本の首相であることに、ボクは怒りを覚える。
そんなふうに騒がれても、安倍首相はまた、長崎での冒頭の挨拶は去年の「コピペ」だったと言う。
こうした首相の挨拶は、官僚が用意するのだろう。でも、ひとたび首相の口から出た言葉ともなれば、責任は首相にある。官僚たちを管理するのも、官邸の責任なのだから。
そうやって、空虚な言葉を広島や長崎で吐き散らす安倍という人物。
長崎では、被爆者団体から「集団的自衛権には納得いきません」と声がかかると、安倍は「見解の相違ですね」と、表情も変えずに言い放ったと言う。
戦後、平和の大切さを胸に、日々苦しみ続けていた被爆者たちに、「見解の相違ですね」などと言い放つことの惨酷さ。それを安倍は理解しない。
「コピペ」とは言えスピーチでは、被爆者たち、戦争の犠牲者たちに寄り添う、などと立派な言葉を並べていた安倍は、実際には戦争の犠牲者たちの声に耳を傾けないばかりか、冷酷に突き放す。
そんな人物が、国民の気持ちを理解できるわけがない。
日頃から、靖国神社の参拝を行ない、死んだ軍人たちには熱心な安倍。
ところが、抜けおちているのは民間人の犠牲者たち。
そこに安倍の正体がある。
軍人を崇め、民間人の死を見下す。それが安倍の精神なのだろう。
でも、本当に安倍は死んだ兵士たちを崇めているのか?
70年前の戦争で死んだ兵士たちを慰めるとしたら、不戦の誓い、平和の誓い、そして平和な日本を築き、彼らの死を無駄にしないと宣言すべきはずだ。
ところが、そうはしない安倍。ただアメリカの戦争に加わりたい、というのが安倍の本心だ。
つまるところ、安倍自身に都合よく使えるのが、靖国神社と死んだ兵士たち。
だが、徴兵されて戦地に送られた兵士たちもまた、戦争の犠牲者だ。
そんな兵士も、原爆の被爆者も、空襲で亡くなった一般市民と同様、戦争をおこなった国家の犠牲者であることに変わりない。
被爆者を冒涜するということは、日本を守ろうと出征していった兵士をも冒涜することに他ならない。
そんなことも理解せず、靖国神社と死んだ兵隊をことさら賛美する安倍。
広島長崎の被爆者たちを「コピペ」で冷たく突き放す安倍。
そんな傲慢な人物が今、日本の総理大臣なのである。

« 避難計画はなくてもいい。と、ヤバい発言をする知事や学者たち | トップページ | がれき撤去で4兆ベクレル流出  まずそれを止めろ! »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499512/57042231

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争の犠牲者を冒涜する  安倍首相:

« 避難計画はなくてもいい。と、ヤバい発言をする知事や学者たち | トップページ | がれき撤去で4兆ベクレル流出  まずそれを止めろ! »