無料ブログはココログ

« がれき撤去で4兆ベクレル流出  まずそれを止めろ! | トップページ | 天皇陛下の被災者への“まごころ”  広島の土砂災害 »

2014年8月16日 (土)

「人命軽視」 70年前の戦争と今の原発再稼働はよく似てる

ボクらの住む日本は、人命を軽視する。

そんな記事を、最近よく目にする。
太平洋戦争で亡くなった、日本の軍人・軍属は230万人(政府の公式発表)だそうだ。
そのうち、6割の140万人が餓死や病死だったと言われている。
ボクが見た記事では、7割、というものもあった。
なぜそんなことになったかというと、70年前の旧日本軍は、武器弾薬を送るどころか食糧も届けられないほど遠くに兵士を送り込み、補給路が断たれると、そのまま放っておいた。
時には、助けに行けないから「玉砕せよ(自殺攻撃)」という戦法もとられたね。
産経新聞にも、インパール(インド)作戦の記事が載っていたけれど、弾薬も食糧も足りないのに、作戦命令が下される。「天皇誕生日(4月29日)までに攻略せよ」。
天皇の誕生日をお祝し、世論を盛り上げるための作戦だ。
弾薬や食糧がなくても、やれる!って信じた、バカな軍人たちが主導した。
とうぜん作戦は失敗。兵隊たちは体力を消耗し、飢餓や病気で死んでいく。
これが、「日本を守るため」と駆り出された兵隊たちの末路だ。
だたいインドまで行くことが、祖国防衛になる、という理論がボクにはよくわからん! インド、日本からずいぶんと遠いよ。
ところが、今の日本も大差がないね。
避難訓練も、避難する道もないまま、原発を再稼働しようとしている21世紀の先進国ニッポン。
住人の命より、原発再稼働の方が重要なんだよ、この国は。
まさに人命軽視の最たるもの。
でも、電力会社が存続するためには、人命軽視もいたしかたない。ってことだ。
戦死者の6割が餓死。
そんな馬鹿げた戦争をはじめたのは誰だ。昔の指導者だね。
住民たちが逃げられないのに原発を動かそうとするのは誰だ。今の指導者だね。
それでも「あの戦争は正しかった!」な~んて言っちゃう政治家がいるからビックリ。愚かすぎる。ボクは怒りを感じるよ。
いつまでたっても人命を軽視する日本。そろそろ変えなきゃ。
こんなままでいいワケがない。

« がれき撤去で4兆ベクレル流出  まずそれを止めろ! | トップページ | 天皇陛下の被災者への“まごころ”  広島の土砂災害 »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499512/57097672

この記事へのトラックバック一覧です: 「人命軽視」 70年前の戦争と今の原発再稼働はよく似てる:

« がれき撤去で4兆ベクレル流出  まずそれを止めろ! | トップページ | 天皇陛下の被災者への“まごころ”  広島の土砂災害 »