無料ブログはココログ

« 戦争の犠牲者を冒涜する  安倍首相 | トップページ | 「人命軽視」 70年前の戦争と今の原発再稼働はよく似てる »

2014年8月12日 (火)

がれき撤去で4兆ベクレル流出  まずそれを止めろ!

1か月ほど前のニュースになるけれど、

去年の8月。福島第一原発で、がれきの撤去作業をした際、高濃度の粉じんが飛び散り、20キロ以上離れた南相馬市の水田を汚染した。
このとき、空間線量も急上昇。秋に収穫された米からは、基準値を上回る1キロあたり100ベクレルのセシウムが検出された。
この時飛び散った放射性物質は、東電の試算では、最大4兆ベクレル。
それを東京電力は当初公表せず。バレた後は「極めて微量な放射性物質が南相馬まで到達した(毎日新聞より)」と説明。
基準値を越えても「極めて微量」と言いはなつのが東電らしいところ。事態を過小評価したがる姿勢は相変わらず。
そればかりか、放射性物質が遠くまで飛び散った事実をつかんでいた農林水産省も、福島県も、経済産業省も、東京電力も、当の南相馬市に伝えず隠していたというから罪深い。
しかも、こうしたがれき撤去による放射性物質の異常流出は、8回ほどあったと言う。
もう、たまげるよ。
これじゃ土地は汚染物質まみれだ。
また除染するのか?
普通、そんな大量の放射性物質が漏れ出させてはいけないことになっている。日本の法律ではね。
公害と同じだよ。
日本ではそういう公害がおきないよう、法律で厳しく規制されている。
ところが、東京電力はやりたい放題。漏らしたい放題。漏らしても、知らせないし、隠す。
そんな東電に加担しているのが、経産省や福島県。そこに農水省まで加わった。
本来、農業を守るはずの農水省まで、公表しないし隠す。
こりゃ、先進国とは言えないね。
強く言いたい。
これ以上、漏らすな!
漏らしちゃいけないってことを、ちゃんと自覚すべきだ。
東電は、それが法律違反だと言うことを理解すべきだ。
公害として、訴訟を起こした方がいいと思うよ。
放射性物質がプカプカ地上に飛び落ちることを、まずは100パーセント防いでから、がれき撤去や廃炉作業をせよ。
そんなの基本中の基本。小学生レベルのノリだ。
それすらできないの? 原発って。
そんな無責任なもの、日本は持つべきじゃない。

« 戦争の犠牲者を冒涜する  安倍首相 | トップページ | 「人命軽視」 70年前の戦争と今の原発再稼働はよく似てる »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499512/57061040

この記事へのトラックバック一覧です: がれき撤去で4兆ベクレル流出  まずそれを止めろ!:

« 戦争の犠牲者を冒涜する  安倍首相 | トップページ | 「人命軽視」 70年前の戦争と今の原発再稼働はよく似てる »