無料ブログはココログ

« 原発の避難計画がテキトーすぎる件 | トップページ | 原発推進  小渕優子 経済産業相はババを引かされた »

2014年9月28日 (日)

御嶽山の噴火が、川内原発の危険性を警告する

何の前触れもなく噴火した御嶽山。

そう、昨日の昼過ぎ、登山客たちが頂上に立つその目と鼻のさきで爆発した。
その登山客の撮ったビデオや写真がテレビやネットに流れ、新聞で紹介され、噴火のすさまじさを教えてくれる。
その時思ったのは、火山の近くにある原発。鹿児島の川内原発のことだ。
以前から火山の影響を不安視されている川内原発。ところが、原発の再稼働を進める人たちは
「噴火は予知できるから、燃料棒を冷やして、炉心から引き抜いて安全な場所へ移動できる」ので安全である、と繰り返す。
その作業に何日かかるのか、ボクは知らないけれど……。数分とか、数時間じゃ無理。ということは、ボクでも判る。数日でも、無理だろうね。
そのうえ火山学者たちは、「噴火の予知は難く、それに頼るのは危険だ」って反論しているね。
まさに、その通りになった昨日の御嶽山の大噴火。
実は、9月になって火山性の微小な地震が観測されていたそうだ。多いときで1日50回ほど。
ところが、日を追うごとに地震の回数が減ったため、警報を出すことはなかったそうだ。
警戒レベルはレベル1の、平常。これが昨日までの御嶽山。
1段階高いレベル2は、火口周辺への立ち入り制限。今、群馬県の白根山(草津温泉のすぐ近く)がこれだ。
さらにレベル3になると、入山規制になるらしい。
レベル1(平常)だった御嶽山は、ほぼ無警戒のまま爆発を起こしたことになる。
実は昨日、噴火の12分前にも、微動が観測されていたそうだ。もちろん、危険とは判断されず警報も出なかった。
テレビや新聞がおこなった登山客へのインタビューでも、「雷みたいな音がして、突然煙が噴き出した」「噴火するなんて思ってもみなかった」と、口をそろえる。
登山客で、噴火の兆候に気づいた人はいなかったようだ。
たとえば、川内原発の近くで火山性の微動が起きたとする。
でも、九州電力のことだから、ちょっとやそっとでは原発は止めたがらない。
止めればそれだけお金がかかるし、燃料棒を引き抜いて場所を移すとなれば、九州電力は億単位で赤字が増えちゃう。
それで予知が外れたら、また再稼働に時間とお金がかかる。
燃料棒を避難させるなんて、あれやこれや文句をつけてやりたがらないに決まっている。
電力会社の安全意識なんてその程度。この3年半、彼らのやりクチを見ているとよくわかるネ。
科学的に言えば、火山の予知は難しい。東日本大震災だって予知できなかったしね。
つまり、川内原発で噴火を予知するなんて、非科学的だということだ。
九電が安全だと言うその根拠は、まったくもって非科学的な出鱈目だっていうことだぜ。
こんなことがおこっても、川内原発は火山の危険を無視して再稼働させるの?
御嶽山は、そんな人間の愚かさを、警告してくれたのかもしれないね。

« 原発の避難計画がテキトーすぎる件 | トップページ | 原発推進  小渕優子 経済産業相はババを引かされた »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499512/57515175

この記事へのトラックバック一覧です: 御嶽山の噴火が、川内原発の危険性を警告する:

« 原発の避難計画がテキトーすぎる件 | トップページ | 原発推進  小渕優子 経済産業相はババを引かされた »