無料ブログはココログ

« 御嶽山の噴火が、川内原発の危険性を警告する | トップページ | 山本モナと原発報道 »

2014年10月 8日 (水)

原発推進  小渕優子 経済産業相はババを引かされた

カッターナイフの刃を送りつけたバカ野郎がいる。

経済産業相の小渕優子さん宛に。
「川内原発の再稼働反対」の手紙が入っていたらしい。
でも、なんかしっくりこない事件だよね。
今まで、そんなことをする原発反対派の人っていなかったし。だって、原発が事故ってから3年半。
安倍さんが強引に原発政策を進めたり、その前の民主党政権のときも、国民の意見を無視するように原発の再稼働をしようとしたり。
けど、剃刀とかカッターの刃とかが送りつけられた、な~んてこと、なかったと思うんだよね。それを、なぜ今?
逆に、よく話にでてくるのが、原発反対派に対して、そういうものを送りつけるっていう嫌がらせ。
実は、今回の剃刀事件とは逆に、原発推進派がよくやる手口らしい。
原発に反対すると、そういうものがよく送られてくるそうだ。嫌がらせの、寿司100人前、とか。
一昨年だったか、そういう嫌がらせ郵送品の展示会をやってたくらい頻繁らしい。
けど、これだけ原発に反対する人がたくさんいれば、中にはそんなことをするバカがいてもおかしくない。
それに、小渕さんみたいに若い(今40歳)女の人に、そういうものを送るのって、同情を誘いやすいから、そういう脅迫めいたことをすれば効果的。
もちろん、原発推進派はそれみたことかと喜ぶし、原発反対には逆効果になる。
でもって、もうひとつボクが変だなと思うのは、なぜ小渕さんが経済産業相になったのかってこと。
まだ政治家として経験も浅いし。国の経済を引っ張るにしては、若すぎる。ま、若くても能力があればいいけれど。
ウケのよさそうな女の人をつかって、原発政策を進めようっていう策略が見え見えだ。
今回、女性閣僚が5人になったけれど、他の4人にくらべてカラーの違うのが小渕さん。唯一クリーンなイメージの人。
他の4人は、ネオナチをはじめ、人種差別団体が応援するような人たち。人種差別、サイテーだよ。
ネオナチや差別主義者が尊敬するような人が、「女性の社会進出」の証?として、閣僚になるって、いったいどんな国よ。
総務大臣の高市さんにいたって、ヒトラーを賛美する書籍に推薦文まで書いたっていうからもうサイアク。ここまでくると、異常で狂気だ。
そんな女性閣僚5人の中で、唯一ちゃんとしていそうなのが小渕さん。
けど、だからこそ、経済産業相として原発を推進させるっていうババを引かされたのかもしれないね。
もちろん、安全がままならない川内原発(火山が近くにある)を動かそうとするなら、日本を危険にさらすダメ大臣ってことだけど。
でも、カッターなんか送りつけちゃだめ。
送るなら、抗議文にしろ。脅し文句もだめだよ。
「危険な原発を再稼働させるあんたはバカだ!」くらいならOKだ。
でもヤジるより、正々堂々と書いた方が伝わるとおもうな。

« 御嶽山の噴火が、川内原発の危険性を警告する | トップページ | 山本モナと原発報道 »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499512/57614597

この記事へのトラックバック一覧です: 原発推進  小渕優子 経済産業相はババを引かされた:

« 御嶽山の噴火が、川内原発の危険性を警告する | トップページ | 山本モナと原発報道 »